グッドスマイルカンパニー 初音ミク 恋は戦争ver.DX


グッドスマイルカンパニー 初音ミク 恋は戦争ver.DX

 

その大きさから話題になった例の品がついに発売。通常版とどっちを買うか迷いましたが、結局DX版を購入。
もちろん飾る場所はありません…

(※こちらは2012年の復刻記事になります。)

 

撮影機材:

  • EOS 7D + EF60mm F2.8Lmacro USM and SIGMA 8-16mm F4.5-5.6 DC HSM
  • Speed Light 430EXII
  • No Brand Lambency

 

恋戦ミクの持つサイバーな雰囲気を目指して色々レタッチ。

元イラストのように「白・黒・緑+ピンク」で表現したかったんですが、途中で力尽きました…

メガホンから延びるケーブルは全てフォトショップで。
ミクはCGっぽい表現とよくマッチする気がします。

 

以下、レビューっぽいものを。

1/8スケールで、原型は植物少女園の石長櫻子氏。

1/8スケールとはいえ、H:400mm×W:310mm×D:230mmのビッグサイズ。
アルターなのはシリーズもビックリです(;´∀`)

そんなわけで、とてもじゃないけどウチでは台座込みで撮影出来ないのでミク単体Ver.で。

 

三輪氏のイラストに忠実に作られた頭部。

イラストに忠実でありながら、石長さんのクセも垣間見られる細かい造り込み。

 

ミクなので胸はDXサイズとは…

反り返ったネクタイが躍動感を与えます。

 

左手に構えるメガホン。

ロゴマークも丁寧にプリント。

 

腕の先にはもちろんDX7のプリントパターン。

グリーンのマニキュアもしっかりペイント。

 

ぐっと捻られた腰付きがとてもセクシー。

いや、なんたってもう丸見えですからね(;´∀`)

 

ミクと言えば腋!

腋からパンツ!そして絶対領域!

と、見所満載のセクシーなサイドラインに(*゚∀゚)=3ムッハー

 

翻ったスカートのプリーツも美しい。

ベルトは片側が外れることによって、アクティブさを表現しているようですね。

 

そんな捲くれあがったスカートから覗くおぱぬつは…

ずり下がっちゃってますよ━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━

あのイラストにこんな表現が隠されていたとは…たまりません(*´ω`*)

 

すらっと伸びたおみ足。

KEI氏のイラストに比べて大人っぽいので、より長く見えます。

 

以下、台座の各部をピックアップ。まずはこの一番目立つメインスピーカー。

とにもかくにも塗装で再現された質感がスゴイ。

スピーカーの台座なんかも、まさに金属の重さが伝わってくるような感じです。

 

尖塔の先にも小スピーカーが設置。

てゆか、このアングルからでもパンツ見えるミクさんエロンヌ(;´∀`)

 

金網状の目が走る台座の基部。

フェンスの錆びれ感もよく表現されております。

 

台座基部の中スピーカー。

スピーカー全てに言えることですが、ビス一つ一つの塗装までホント凝ってます。

 

撮影後記:

再販されるということで、復刻記事という形でお届けしてまいりました今回の記事ですが、こちらの恋戦ミクを撮影したのは2012年の2月。
丁度6年前なんですね。いやぁ、時が経つのは早いものです。

こういったレタッチも当時は頑張ってやっていたのですが、最近はめっきり…
その後、白バージョンも作ったので置いておきますね。

再販でちょっぴり価格が上がってしまいましたが、こちらの記事で興味を持たれた方がいらっしゃいましたら、ゼヒご検討くださいませ。

 

Related Posts

 

Comment





Comment