コトブキヤ『エロマンガ先生』山田エルフ


コトブキヤ『エロマンガ先生』山田エルフ

 

本名「エミリー・グレンジャー」こと山田エルフ先生が、コトブキヤから立体化。
初立体化で既にパーフェクツな出来と言っても過言ではない造形に感動!

もう立川に足向けて寝れません。

 

撮影機材:

  • EOS 5D MkIII + EF100mm F2.8Lmacro IS USM
  • Speed Light 430EXII
  • No Brand Lambency, SMDV Diffuser40 Soft Box

 

これまで誰にもお伝えしておりませんでしたが、あたくし山田先生の生き様に感銘を受けまして…

ただいま絶賛ベタ惚れ中でございます(゚∀゚)

 

そんなエミリーの肢体をたっぷりご堪能ください。

というかもう、かんざきひろ氏の絵がそのまま飛び出してきたような錯覚を覚えます。

 

まさに山田エルフフィギュアの完璧版。

あらゆる角度から見ても全く破綻はありません。

 

特にこの表情が素晴らしいですよね。

原作と寸分違わぬこのちょっと強気な表情に愛情マックスファイヤーでございます(`・ω・´)

 

以下、レビューっぽいものを。

1/7スケールで、原型は松本江永氏。差し入れはこの方にお贈りすればよろしいですか?

 

エミリーのご尊顔。

可愛い!

 

後頭部ももちろん、

可愛い!

 

なさそうであるんですが、さすがにどうやっても見えません。

しかしこのチラッと見える鎖骨が超可愛い!

 

トレードマークのふりふりリボン特盛の服も

可愛いったらありゃしない。

 

背面側ももちろん抜かりないふりふりフリルが

とにかく可愛い!

 

そしてこの口元に添えた指がとにかく可愛い!

しゃぶりたい!

 

そしてこのおみ足!

白いタイツかと思わせたニーソがハイソで可愛い!

 

そんなニーソの上は残念ながらドロワーズ!

原作通りなので仕方ないと言えば仕方ないのですが…

 

『エロマンガ先生』というロゴに上書きするように、山田エルフの文字がセロテープで貼ってあるという表現が見事な台座。

さらに「大」というおまけ付き!この尊大っぷりがまた可愛い!

 

さて、ここまで来て気が付いたことが…

なんとドロワーズに分割線が!

 

これはもう剥くしか(゚∀゚)

というわけで超頑張って剥いてみました。

 

原作で紗霧に見せていたおぱぬつからはだいぶ簡略化されておりますが、

これでも十分マックスファイヤーでございます(*゚∀゚)=3ムッハー

腰回り、原作よりも若干むちむちしているかもしれません。
とはいえここはやはり、レースのピンクおぱぬつバージョンもコトブキヤさんには作って頂きたかった!

 

撮影後記:

さて、このエミリーですが撮影したのは今年2月。どうにもやる気マックスファイヤーにならないと記事にまで持っていけない質なのでこんな時期の公開になってしまいました。
技術的にもだいぶマンネリ化してきたので、何か面白い撮り方はないかなと考えておりますが、どうにも引き出しが少なくてダメですね。

 

Related Posts

 

Comment





Comment