ワンホビセレクション『艦隊これくしょん-艦これ-』大和改 重兵装Ver.


yamato

ワンホビセレクション『艦隊これくしょん-艦これ-』大和改 重兵装Ver. // Max Factory

 

フィギュアの単価高騰の波を受け、それならばいっそのことと開き直ったかどうかは分かりませんが、
とにもかくにもあの艦これ大和さんがいわゆるプレミアムブランドなワンホビセレクションとして登場。

グッスマオンライン限定になりますが、艤装を含めたフルプライス版は重兵装Ver.としてお値段税込み約2万円と、来るとこまで来ちゃった感じがします。
とはいえ、なんせあの戦艦大和の艦娘ですから高くて当たり前というか高くないと大和らしさが失われる気がするんですよと思ってしまうくらいには色々毒されてきてる気がします(*´ω`*)

 

撮影機材:

  • EOS 5D MkIII + EF100mm F2.8Lmacro IS USM
  • Speed Light 430EXII
  • No Brand Lambency & SMDV Diffuser40 Soft Box

そんな大和さん。自分は2013年7月10日着任の佐世保民なのですが、同年8月に行われたイベント突破報酬として配布されました。

yamato033

もちろん着任1ヶ月も経ってない自分が攻略するのはほぼ不可能でした。(もちろん同時期に着任された方で、大和を手に入れられてる方もおられました。)

yamato034

yamato035

モバマスのように課金すればどうにかなるというレベルでもなく、資材にも課金してみましたが焼け石に水。
結局大型建造の実装まで自分は手に入れることが出来ませんでした。

yamato036

yamato037

その悔しさもあって同年の秋イベントは3日で終え、無事武蔵さんを手に入れられたものの、やはり「大和」というブランドにはずっと憧れがありました。
当時の艦船に疎い自分ですら知っていた大和という名前と艦型。

そんな大和が我が鎮守府に配属されたのが2014年1月19日。

140119c

確か大和レシピ11回にて着任。いやぁさすがに嬉しかったですね(*´ω`*)

そこから約3ヶ月かかりましたがカッコカリをし、

150613a

現在は武蔵とレベルを揃えて運用中。
150になると使わなくなってしまうので、出来るだけ温存中でございます。

が、もちろんイベント最深部などではハイパーズの2人共々大活躍。

140824a

何度も窮地を救ってくださいました。

yamato038

ウチでは絶対に沈めませんからね。

 

以下、レビューっぽいものを。

 

yamato003

1/8スケールで、原型はシャイニングウィザード@沢近氏。

yamato006

え?1/8?って今書いてて思ったくらいに、大きいです。

 

ご覧の通り、見事という他無いしずま絵の再現度。

yamato008

頭部ギアには測距義と電探。それらに付着する桜までホントに細かく造られております。

yamato009

電探は形からして21号ですかね?

 

手には大和の特徴である電探傘。

yamato010

マストの形からして13号ですかね?

 

ご存知九一式徹甲弾型のパッドが入った胸部装甲。

yamato011

yamato012

もちろんパッドが無くても大きいということもご存知ですよね(^q^)

 

フトモモには九一式徹甲弾が装備。

yamato013

yamato027

150613g

左ニーソに書かれた文字は「非理法権天」。沖縄特攻の際の幟に書かれていたという話がありますね。

 

長門型をも越える、大和型2人の一番の特徴である大きな艤装。

yamato014

今作では置く事が前提になっているためか、非常に安定しております。

yamato015

後部には煙突と46cm三連装砲。

 

その46cm三連装砲はもちろん左右にも装備。

yamato016

150613d

フィット砲の概念が導入されるまでは全戦艦に2門づつ装備しておりました。

 

副砲には15.5cm三連装砲。

yamato017

150613e

砲身は固定されておりますが、砲塔は回転します。

 

改装後、副砲が撤去された後に装備された12.7cm連装高角砲。

yamato018

yamato019

150613f

さすがにこちらは完全固定。

 

艦底部付近にはフィンが装着。

yamato020

これならば船首付近にバルバス・バウがあってもいいんじゃないかと思いましたが、バルバス・バウは足のつま先で表現されておりました。
しずま先生、さすがです。

 

艤装は大和本人と固定されないので、簡単に外せます。

yamato021

 

艤装を外せば、一般販売分の軽兵装Ver.の再現も出来ます。

yamato022

yamato023

髪は軽兵装版のモノと交換する必要があります。

 

艤装を外せば大和型の色っぽい姿を拝むことが出来ます。

yamato024

サイドが大胆に開いたスカートから、錨・徹甲弾・ニーソやらバルバス・バウの付いたヒールまでと見所満載ですね。

 

このポーズなら見えそう…

yamato025

yamato026

で、見えない(´・ω・`)

 

ので、ちょっとだけ艦底から拝見(゚∀゚)

yamato028

yamato029

黒…ですね。しかもすさまじい食い込みっぷりに(*゚∀゚)=3ムッハー
バイタルパートの装甲にしては薄いんじゃないでしょうか?(^q^)

 

しずま先生がニュータイプ紙にて描き下ろしたイラストが元となっておりますので、イラストが再現出来るように水面が模された台座も付属。

yamato030

yamato031

しかしながら、いかんせんチープな材質なので豪華さに欠けるような…
とも思っていましたが、意外とそれっぽく見えるような気も…?

 

以上、多分今年一番の大作。

yamato007

艦これ大和 重兵装Ver.でした。

 

撮影後記:

軽兵装版と重兵装版を行き来して分かったことなんですが、重兵装版はご覧の通り台座の上に乗せる事前提なのでポニーテールの先が浮かんでおります。

yamato001

なので飾る時は台座込みで飾らないと変なんですよね。
かといって、軽兵装版のポニーテールに付け替えると艤装が付かなくなるというジレンマ。

ここは台座無しでも飾れるように、軽兵装版のポニーテールも少し融通を利かせてくれると助かったなと(*´ω`*)

 

今回のTOP絵はもちろんしずま先生のイラストを再現しようと頑張ってみました。

yamato004

アングルとかも似せたつもりでしたが、広角でもうちょっと寄ったほうが似たなーと後悔しております。
が、そもそも目線がイラストと違うので完全再現は無理なんじゃないかと。

yamato032

当初は台座付きで撮った方を加工しようかと思いましたが、しちめんどくさいことになったので結局上の台座無しの方で頑張ってみました。

150613b

水面周りをPhotoshopで仕上げ、桜吹雪はAfter Effectsプラグインの「Trapcode Particular」でばら撒いた後、「Lenscare」で被写界深度を設定して完成。

 

ちなみにこの大和さんもアイプリにコーティングが施してあるせいか、かなり目が反射します。

IMG_0007s

テスト撮影でそれが分かったので何かしらの解決策をと思いましたが、結局ライティングだけで誤魔化してしまいました。
このコーティング、個人的には嫌いではないんですけどやはり撮影の時は手ごわいですね。

 

さて、長々と語ってきましたが最後に一つ。

yamato040

大和に関してのオススメの本がこちら。
ハードカバーの本ですが、非常に読みやすく当時の船員さんたちの思いがスゴク伝わってきます。

おかげで電車内で人目を憚らずに泣くことになろうとは…(^q^)

 

艦これから入ったにわかですが、こうやって史実に興味が持てたことにはホント感謝しております。
これからも機会があったら色々施設等を巡ってみたいものですね。

 

(C)2014 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.

Related Posts

 

コメント1件

 艦これアンテナ » [艦これニュース 6] ワンホビセレクション『艦隊これくしょん-艦これ-』大和改 重兵装Ver. – White Garage 他 | 2015.06.14 22:22

[…] ■ ワンホビセレクション『艦隊これくしょん-艦これ-』大和改 重兵装Ver. – White Garage■ 【艦これ】もう資源いらないからネジくれって人の割合増えてきたよね : 艦これまとめ速報~ […]

Comment





Comment