アクアマリン『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』金色の闇 -トランス・ダークネス-


yami019

アクアマリン『To LOVEる-とらぶる- ダークネス』金色の闇 -トランス・ダークネス-

 

既にwantaさんがキッチリしたレビューをされているので、自分はいつものように変化球で。

 

撮影機材:

  • EOS 5D MkIII + EF100mm F2.8Lmacro IS USM and EF24-70mm f/4L IS USM
  • Speed Light 430EXII
  • No Brand Lambency

yami_tranceVer

後述しますが、作品タイトルは「Beautiful Murderer Ver.2」です(*´ω`*)

yami001

yami018

yami017

あどけないポーズですが狂気っぽさがにじみ出ているよう。

yami020

yami023

でもヤミちゃんは可愛く撮る方が楽しいですね(*´ω`*)

yami004

 

以下、レビューっぽいものを。

yami002

yami003

1/8スケールで原型はアビラ(プラヅマ法力模型)氏。彩色はまいもっち(鶴の館)氏。

 

トランスVer.ということでお顔はいつもの無表情ではなく、ちょっと狂気を帯びた笑顔。

yami005

頭部には角も生えちゃってます。

yami006

長い後ろ髪も非常に綺麗なパーツ。

yami016

少ないパーツ数で見事な表現です。

 

グラマラスキャラが多いこの作品の中でも控えめなおぱい。

yami007

しかしトランスした衣装のおかげでだいぶキワドイことに(^q^)

yami008

さらに腋から腰まで丸っと開いたデザインなので、横からみるとあられもない姿♪

yami014

小ぶりですが肉感のいいお尻に乾杯!

 

右手もトランス状態となり、赤く大きな爪に変化。

yami009

意外と鋭いのでお取り扱いには注意です。

 

この衣装、おへそもばっちり拝めます。

yami010

そのまま目線を下げればおぱぬつ(?)もバッチリバッチリ(゚∀゚)

yami011

これはだいぶ食い込んでおりますね♪

 

未発達なボディかと思いきや、おみ足はだいぶ大人っぽい。

yami012

マント状の部分がそのまま台座に固定できるようになっております。

yami013

これだけで固定されておりますが、思いの他バランスよく安定感も申し分ありません。
デザイン的にも最高の構造ではないでしょうか?

 

最後になりましたが、このフィギュアの一番の見所はここ。

yami015

計算された隙間が勝利の鍵です!

 

撮影後記:

「お前またその話題かよ」と思われるかもしれませんがスミマセン。多分二度と無いと思うので言わせてください。

yami_master

2013年夏の「スケールフィギュアフォトコン」で小田P賞を頂いたこのヤミちゃん。

これをアクアマリンの担当者さんが見てくれてたおかげで、今回

yami103

このヤミちゃんの販促ポスターをデザインさせて頂くことになりました。
なので今回もそのイメージで作成。

ちなみに白バージョンも。

yami104

KONさんが撮影された写真を元にレタッチを進めることになったわけですが、商品ポスターなのでフィギュアにエフェクトが掛かってしまうとNG。

結果出来たのが以下のデザイン。

yami101

フォトコン作品と同じように見えますが、微妙に違ってるんですよ(*´ω`*)

 

そしてそれらの制約を取っ払って好き勝手に作ったのが今回の絵となります。
本当はポスターの時点でも月を入れて欲しいと言われたのですが、逆光でフィギュアが暗くなってしまうと思いまして月は使いませんでした。

yami106

ポスターをデザインした6月には使いこなせてなかったAfterEffectsのプラグインもぼちぼち使い始めております。
今回は海面をElement3Dで作ってみました。

yami105

テクスチャーを適当な間に合わせで作ったので、今後もう少し詰めてみたいですね。

 

最後になりましたが、今回の件ではアクアマリンさんに大変お世話になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

 

(C)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・とらぶるダークネス製作委員会

 

Related Posts

 

Comment





Comment