AMAKUNI『艦隊これくしょん-艦これ-』天津風


amatsukaze101

AMAKUNI『艦隊これくしょん~艦これ~』天津風

 

既にmakotomaticさんべるべるさんがキッチリしたレビューをされているので、自分はいつものように変化球で。

 

撮影機材:

  • EOS 5D MkIII + EF100mm F2.8Lmacro IS USM
  • Speed Light 430EXII
  • No Brand Lambency, Rogue Flash Grid and SMDV Diffuser40 Soft Box

ウチの天津風も島風同様、撮影前にカッコカリを果たしたわけですが、

151106b

2016y01m17d_201202948

発売延期のせいもあり、もう少し育ってしまいました(*´ω`*)

 

島風と対になるような絵柄にしたかったのですが、うまくいかなかったのでいつものパターンでちょっと寒々しい雰囲気に。

amatsukaze

北方海域で作戦をしてたらもう少し説得力が生まれたんですが…(*´ω`*)

 

島風の時もそうでしたが、しずま氏の描く公式テイストに近い雰囲気でありながら横嶋氏独特のアレンジが加わってるのがミソですね。

amatsukaze103

amatsukaze046

amatsukaze056

amatsukaze055

amatsukaze053

amatsukaze083

公式での扱いは思いのほか大きくないのでキャラクター性がイマイチつかみにくいのですが、どちらかというとクールなキャラ。
と見せかけてただのツンデレですね(^q^)

 

なので今回は黒バックと白バックでクールなイメージで。

amatsukaze084

amatsukaze100

 

amatsukaze108

amatsukaze048

後ろから見るとよくわかるのですが、頬骨の張り方が非常に魅力的なのがポイントですね。

amatsukaze049

天龍もそうだったのですが、このぷっくり感溢れるほっぺは個人的にスゴク好みです(*´ω`*)

 

せっかくなので島風とのツーショットも。

amatsukaze0050

amatsukaze075

amatsukaze078

amatsukaze080

2体揃えるとドラマが生まれますね(*´ω`*)

 

以下、レビューっぽいものを。

amatsukaze050

1/8スケールで、原型は島風と同じく横嶋真平氏。

amatsukaze051

amatsukaze052

駆逐艦なのに素晴らしいプロポーションなのは、しずま艦のお約束。

 

八重歯が可愛いお顔。釣り目がかった大きな目も綺麗なアイプリで丁寧に再現。

amatsukaze058

特徴的な吹流しも、取り付けてある紐の目まで細かく造り込んであります。

amatsukaze059

頭の煙突も雨水カバーまで掘り込んであるというスゴイ再現度。

amatsukaze061

美しい曲線を描く銀髪のロングヘアーも非常に魅力的。

amatsukaze062

 

天津風といえばこの透け透けコスチュームですよね。

amatsukaze060

駆逐艦サイズとはいえ、どうですかこの色気(^q^)

amatsukaze057

お腹の膨らみも駆逐艦らしいですが、妙に色っぽい。

amatsukaze068

そしてその下に控えるは黒いおぱぬつ━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━

amatsukaze065

中大破時に見られるその黒い布も、フィギュアならいつでも堪能できます。

amatsukaze066

 

背中の魚雷発射管は島風とは違い四連装。

amatsukaze067

表面のモールドもしっかり表現。

 

さらに駆逐艦ならぬ色っぽさを魅せる脚。

amatsukaze069

amatsukaze070

先ほど見えたおぱぬつですが、天津風はコスのラインでギリギリ見えなくなるのが一番色気が出ると思うのですよ。
このフィギュアももちろん、これを再現されているコスプレイヤーさんもスゴイ(^q^)

閑話休題。

amatsukaze071

ヒール部分は島風同様、舵となっております。

 

ちなみにキャストオフというわけではないですが、

amatsukaze085

amatsukaze086

艤装は取り外すことが可能。

 

軽装状態になることで背後の透けっぷりもしっかり確認できます(゚∀゚)

amatsukaze088

 

また、別パーツとして排煙で再現されたハートも煙突ごと付属。

amatsukaze089

amatsukaze090

これで「改」状態も再現できます。

amatsukaze091

ほんのりチークが乗っているので照れてるようにも見えますね。

 

島風の連装砲ちゃんに代わり、天津風では連装砲くんが搭載。

amatsukaze063

amatsukaze064

専用の台座も付属しておりますので、単体で飾ることも可能。

amatsukaze093

amatsukaze094

連装砲くん単体でも見栄えするのがスゴイですよね(*´ω`*)

 

撮影後記:

今回は一部の写真に、フラッシュベンダーでおなじみRogue社のハニカムグリッド(ROGUE Flash Grid)を使用してみました。

amatsukaze111

ハニカムグリッドを装着したストロボを使用することで、指向性の高い光を生み出せます。

amatsukaze107_1
このように背景紙に直接当てることで月っぽいものを表現することも可能。

amatsukaze105_1
フィギュア用のライティングと分けて照らすことができるので、表現の幅が広がりますね。

 

(C)2015 DMM.com/KADOKAWA GAMES All Rights Reserved.

Related Posts

 

コメント1件

 アキバフォトグラフィ - フィギュア撮影 AMAKUNI 天津風 | 2016.01.20 23:07

[…] AMAKUNI『艦隊これくしょん-艦これ-』天津風 (WhiteGarageさん) […]

Comment





Comment