ANIPLEX+『冴えない彼女の育てかた』加藤 恵


ANIPLEX+『冴えない彼女の育てかた』加藤 恵

 

深崎暮人氏のキャラクターデザインが光る作品『冴えない彼女の育てかた』から加藤恵がANIPLEX+から立体化。
キービジュアルにもソロで登場することが多く、作品タイトルからして自分はこの娘がヒロインだと思ってたんですが、キャストロール的には3番目なんですよね。

 

撮影機材:

  • EOS 5D MkIII + EF100mm F2.8Lmacro IS USM
  • Speed Light 430EXII
  • No Brand Lambency, SMDV Diffuser40 Soft Box

 

そんな作品タイトルのヒロインの一人、加藤さんですが

冴えないなんて言葉が似合わない美貌の持ち主。

 

特に84cmを誇るバストは冴えないなんてとんでもない。

ウエスト・ヒップと立て続けに冴えまくりでございます。

 

フィギュアでは天然さを表すかのような大胆な脱ぎっぷりに思わず(*゚∀゚)=3ムッハー

こんな子とお泊りになったら理性が持ちませんね(*´ω`*)

 

以下、レビューっぽいものを。

1/7スケールで、原型はKEI TANAKA氏(製作協力コトブキヤ)。彩色は井上和之氏(製作協力コトブキヤ)。

 

頭部。付属する表情は2種。

柔和な笑みを見せるデフォ顔に加え、

ちょっと惚けた雰囲気の表情が付いてきます。

 

大胆に開かれた胸元にはピンクのブラ。

制服のボタンが限界まで開いてるおかげで、おへそまで一直線に拝めます。

ほどけたリボンも扇情さを引き立てるのに一役買っております。

 

何気に奥深い造形を魅せる制服の皺。

 

そしてこの作品一番の見所といえば…

そう、このお尻━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━

こんな短いスカートでこんなカッコしたら、そら丸見えですがな。

ピンクのおぱぬつと相まって見応えバツグン!フトモモの肉付きにも注目ですよ(゚∀゚)

 

足には黒のハイソックス。

逆にパンツが見えないように撮る方が扇情的な気が…

 

制服のブレザーは別パーツ。

ちょっとラフに折り畳まれてる様子が、この場の雰囲気をなんとなく表しているようでなんとも悩ましいですね。

 

台座は簡素な造りながらも、桜模様があしらわれ春らしい雰囲気を醸し出しております。

全く使ってませんけどね(^q^)

 

撮影後記:

キャラの性格が分かりやすいと背景紙やライティングなんかはとても決めやすく、今回の恵に関しても「ピンクで明るく」というのはさらっと決まりました。

が、自分は影を落とすのが大好きなので試しにやってみると

やはりキャラクターのイメージからは外れちゃう気がするんですよね。

なのでその中間辺りを狙うものの、う~んって感じですよね。というわけで今回は1枚目の写真をイキとしました。

 

ちなみに撮影風景はこんな感じ。

右側のレフ板(スチレンボード)に黒ケントを置いたりして影のコントロールをしてました。
それに加えて、背景用にSMDVを手持ちで使用。これによって背景の明るさも調整できます。(手持ち故に撮影風景としては入りませんでしたが)

 

Related Posts

 

Comment





Comment